メガ メタグロス 育成 論。 【ORAS】メガメタグロス(物理アタッカー型)についての育成論

すばやさを下げてまで耐久や火力を上げる意味があるか、よく見極めて使おう。

今回は メタグロスの育成論を 3 つご紹介します。

しねんのずつきは防御特化サンダーに39.5~47.2%、防御特化メガフシギバナに64.1~77%のダメージです。

役割関係. かみなりパンチ : 水タイプへの。

草結びがかたいツメの補正が乗るので、結構火力が出る。

ページ:• メガシンカ前のメタグロスは素早さが低く、相手の半減技読みで交代出ししても次のターンに相手に先制で弱点を突かれてしまうことが問題でした。

メガシンカ前のメタグロスの特性は「クリアボディ」がオススメです。

物理耐久の低いポケモンと対面させ、大ダメージを狙おう じゃくてんほけんの発動を狙おう メタグロスは耐久力が高く、並の弱点技なら耐え切れる。

30
交代前の相手に攻撃できます。 投稿者:KT• 物理アタッカーであること、攻撃に補正をかけていないことから火力は必須と考えます。 また先制技も持っているので1:2交換に簡単に持っていけます。 単体での実績も然ることながらこの世代に登場したとの相性補完コンビ「サザングロス」でも有名であった。 超高速超火力で相手を掻き回しながら負担をかけていく、メガメタグロスを1度使用してみては如何でしょうか? メタグロス:てつあしポケモン 努力値について 振り分けは H44 A252 B112 S200最大火力が欲しいのでAにブッパは確定です。 だいばくはつ : BWで火力が半分になりましたが、物理耐久が高くない相手なら一発圏内に入ります。 その他、やヤドラン、ヌオーなど、通常打点も持ちづらい相手も崩すことができる。
27

コメント 7 みんなの評価 :• その他の技候補 弱点保険を発動できれば、サザンドラなどのドラゴンタイプに有効。

コメント 58 みんなの評価 :• とくにいかくは場に出るだけで効果を発揮し、かつ相手2体に有効でありでは頻繁に使われる特性であるため、いかくに強いというメリットはダブルバトルではより重要であり、メタグロスの使用頻度をさらに高める要因にもなっている。

攻撃調整:耐久調整の余りを振ることになりますが、下表で最低ラインのA176は超えるようにします。

メタグロスはバトルにおいて様々な動きができるポケモンです。

や岩技を採用しないのであれば最速を取るメリットは少ないので、A補正もあり。

この大会では技スペースの問題などからバレットパンチが5割台半ばと採用率を伸ばせなかった。

19