ファイターズ 王国。 北海道日本ハムファイターズ

中田が自身初タイトルとなる打点王を 、が日本人選手では球団初の盗塁王を獲得。

、斎藤がプロ初登板を果たし、新人一番乗りとなる勝利を挙げた。

前半戦絶不調ながら4番として起用され続けたも徐々に調子を上げる。

金子は開幕から打撃絶好調で、に日本プロ野球新記録の7試合連続二塁打を達成。

日本ハム(後楽園)時代 [ ] 1973年 11月19日に、日拓ホームが球団の経営権をへ売却。

ご意見やご要望がございましたら、 のダイレクトメッセージまでご連絡下さい。

小笠原が、野口が捕手ながら最多三塁打を獲得。

に6名を輩出。

シーズンでは前年オフに野口とのトレードで阪神から移籍してきたが復活し高打率を記録、小笠原が2年連続の首位打者と最高出塁率を獲得した。

5ゲーム差の2位に終わる が、他の5球団に勝ち越す しかし5月19日の対ソフトバンク戦から交流戦を挟み、の対ヤクルト戦まで、球団史上最長となる14連勝を記録し、6月23日には18勝5敗でセ・パ交流戦初優勝を決めた
永久欠番一覧• が防御率1位 スレッジが退団したが、新たな外国人野手は補強せず、球団としては36年ぶりとなる「純国産打線」となった
この体制は、1964年の東映の離脱後も続いた 投手陣でも先発転向二年目のがリーグ2位の16勝を挙げ金村も二年連続二桁勝利の10勝を挙げたが、前年新人王を獲得した正田がリーグ最多の15敗を記録し、またそれまでチームを支えてた岩本・関根が怪我や不振もあり、チームは2年連続5位に終わってしまった
上田が落合の指導の下、初の規定打席到達・3割を打つなど飛躍 稲葉、髙橋、糸井、金子と4人の3割打者が生まれ、うち稲葉以外の3人は自身初の大台のマークだった
ホーム用は薄いブルーのストライプ、胸ロゴ、背番号、胸番号は紺にオレンジの縁取り 投手陣も先発はエースダルビッシュ有(この年15勝)を筆頭に、2006年に新人王に輝いて以降成績を残せていなかったが復活し9勝を挙げ、も初の2桁勝利
しかし、チームはAクラスこそ入るものの優勝からは遠ざかっていた 387)の成績に終わり、観客動員数が137万6000人まで落ち込んだ
大島が3月31日のダイエー戦で暴力行為となったため退場で2試合出場停止、小笠原が初の首位打者を獲得、3年目のが球団では金子以来、投手としては1980年の以来の新人王を獲得した それでも、7月までは勝率5割を維持していたが、前年同様8月以降に大失速、ベストメンバーが組めず5位に終わり(最下位のロッテが先に閉幕した時点で、残り2試合で1分け1敗以下なら最下位という状況にまで追い込まれたが、西武戦に辛勝し〈最終戦の近鉄戦はサヨナラ負け〉、最下位は免れた、土橋は契約一年残して監督を解任された
46