チョウチン アンコウ。 チョウチンアンコウの生態を解説!オスの末路が切なすぎ!光る仕組み等も解説

さらにオスはメスに寄生して栄養を受け取りながら、最終的には精子バンクとしての機能のみを持つ外部器官になるという、衝撃的な最期を迎えることが遺伝子として決められています。 で、思い返してみると、実は日本語でもこれに似た訪ね方をしています。 この記事で分かる事• 最終的にオスの体は吸収され、精巣のみが残り、メスはいつでも出産をできる体になります。 すみません、トイレは…。 メスは握りこぶしほどの大きさで、「鰭条(きじょう)」と呼ばれる線状の組織が周りを取り囲み、光を放っている。 それ以外の特徴や面白い生態は? 誘引突起に関して説明します。 胸ヒレを持っていないことも特徴の一つです。
36

深海の中層でどうやって繁殖のパートナーを見つけているのでしょう。

アクセサリー・合成• 喋りたい 間違えたくない でも喋りたい やっぱり間違えたくない … この繰り返しによって強烈に葛藤していました。

一見別の種類の魚かと思ってしまいますが、これだけの差があるのには理由があります。

使い方 アンコウの仲間の多くは誘引突起(イリシウム)を持っています。

チョウチンアンコウ狙いなら (C6,B8)がオススメです。

アンコウ目チョウチンアンコウ科に属する魚類で丸みを帯びた体型と、 餌を誘うために用いられる頭部の誘引突起が特徴の魚です。

そのあんぐり開いた口と餌を誘うための「ちょうちん」は、深海において異彩を放っています。

1