ヒャド クーラー。 この夏絶対ほしいキャンプギア 「オレゴニアンキャンパー 」ヒャドクーラー

94
車にも積み込みやすいし! そして価格も手頃なのはホントに嬉しいっ! 保冷力は1日程度とハードクーラーの中では劣りますが、いざとなれば板氷を現地調達すれば良いだけなので、あまり気にしていません ここからは、 私がHYADクーラーボックスを選んだ理由を「保冷力」「容量」「デザイン」「価格」の視点でそれぞれ解説していきます
出典: ハンドルには手にやさしいEVAチューブで 車の積み下ろしや持ち運びのストレスを軽減 してくれます 個人的には今回の検証で真夏でも1泊2日のキャンプで十分使えると思いました
さらにロゴスの保冷剤Lがシンデレラフィットするのも魅力的です また蓋内部にはHYADの力強いロゴ入り、ブランドイメージが強くなりました
ファミリー用の大きいサイズを購入してもよかったのですが、 「車が大きくない」 「すでに30Lのクーラーボックスを持っている」 という理由から、25-30Lくらいのサイズで選び、食材用と飲み物用に分けることがベストという結論に至りました カラーは写真のLeafの他、KawasemiとCappuccinoの計3色が用意される
ありそうでなかった見た目の良さ ほどよい保冷力なのでコンパクトで軽い 圧倒的なコスパの良さ ありそうでなかった見た目の良さ このカクカクしたフォルムとツートンカラーの仕様は今までありそうでなかった見た目でかっこいいです ヒャドクーラー 47R ¥29700 こちらがグループやファミリーにも対応する47QT(約44. それでも 30リットル前後の容量のクーラーボックスが全てのキャンパーさんにとって理想的な大きさだと思っています
実際に使ったところ保冷力は1日程度で、公式の3日間はちょっと厳しそう その場合、付属の仕切り板を外す必要があります
画像よりもくすんだ色合いなのは27と同じです 2Lのペットボトルは、15本収納可能

確かに画像で見ると なってますね。

キャンプ当日朝クーラーボックスに入れ、夜出しましたがまだ凍ってました。

24時間後は溶け切っているでしょうね。

この時はキャンプ前日に買い出しをしたので、夜の間この肉2つは冷凍庫に入れてました。

持ち手は ロープ+EVAチューブでできています。

67