折り合い を つける。 特別支援教育 ソフトウェア 「君ならどうする」ソーシャルスキルトレーニング

「折れる」は「妥協」を意味する言葉ですが、「妥協」による一致には、片方が諦めて意見を取り下げているケースが少なくありません。 今日の会合で概ね折り合いをつけた。 折衝は、お互いWin-Winの結果になれるよう目指して話し合いを行うという点で、特にビジネスシーンで求められる能力と言えるでしょう。 仮に折衝力が不足していた場合、自分たちの要求を無理やり押し付けた結果、相手からクレームを受けることとなったり、自分たちの要求からかけ離れた相手の要求を飲んでしまい社内で問題となるなど、後々のトラブルに発展しやすくなるのです。 相手のニーズと自分のニーズを理解する努力をしながら、それがちょうど重なる妥協点が重なるように、譲歩し合うことを心掛けましょう。 本当に折り合いをつけるべき相手は、彼氏ではなく「ちっちゃい自分」なのです。

女性同士が食事に行った時などは、メニュー決めなどで 「同調する」という行為が頻繁に行われていそうです。

仕事なのだから、多少苦手な人であっても折り合いをつけるべきだ。

下記関連記事内では、顧客均衡という言葉について分かりやすくまとめています。

」 「国民感情との兼ね合いを考えると決定にためらいがあった。

「折り合いをつける」ためにどうするか? 相手に自分たちの希望や要求を正確にかつ分かりやすく伝えられないと、妥協点を探ることも難しくなります。

「折り合いをつける」という表現は、誰かとの交渉や議論で用いられることが多いですが、「自分の心と折り合いをつける」という表現も可能です。

もし、初めは意見が平行線でも、お互いにそれぞれの言い分を充分話しあっていると、お互い譲り合う一致点が見つかり、怒りの刀がさやに納まってくることもあります。

よって交渉がスムーズに進まなかった時や利害関係が一致していない相手との交渉時に、お互いの妥協点を見つけるために折衝が必要となります。

59 68