糸 中島 みゆき 本人。 中島みゆき

あれは2004年の1月 』と、お返事してしまいました
(2005年)• 『』劇中歌()• 発表のアルバム『』収録曲「ファイト! 中島は後年になって模索に励んだ1980年代中期 を振り返り、「御乱心の時代」と称している Mastered:Tom Baker 命の別名 アルバム・ヴァージョン• しかし、いっけん淡い色彩のようで、誰が歌っても、もともと備わる原色が、自己主張する歌でもある
- ドラム担当の元メンバー・村井守(現プロデューサー)はいとこに当たる 発売当初は話題にならなかったが、『プロジェクトX』の人気が高まるとともに注目され、アルバム『』には、1曲目が「地上の星」、ラストが「ヘッドライト・テールライト」という構成で収録された
二人でレコーディングした際のインタヴューではお互いに「ファンだ」と言い合っていた 肝心の中島みゆきは、TVで『』を見たことがないだけでなく、明石家さんまの存在自体を知らなかった
中島みゆきさんは松任谷由実さんのことを「松任谷」と呼び、松任谷由実さんのことを尊敬していると言っています 中島の作品にこれまで馴染みの薄かった中高年層のサラリーマンを中心に大きな人気を集め、最終的にのウィークリーシングルチャートTOP100に連続174週にわたってランクインするという驚異的な記録を打ち立てた
81

、第56回 を受賞した。

『糸』の歌詞は若いカップル、恋人同士の出会いやこれからを歌っていて、説得力がある。

近年では、アレンジ等にの父親として知られるや、、、などといった有名スタジオ・ミュージシャンを迎えてアルバムを制作するのが毎年恒例となっている。

原案・企画プロデュース:平野 隆 監督:瀬々敬久 Inspired by 「糸」 作詞・作曲 中島みゆき 「 糸 」 は、とても素朴な曲ですから、 いろいろな方々に歌っていただく度に、 さまざまな色があらわれて、いつも驚かされています。

存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。

から始めた舞台「夜会」に自身がかけるウェートはより大きくなり、以降に上演されたものは書き下ろしの新曲を中心に構成され、より大掛かりなものへと変貌を遂げた。

管理人コメント ドラマ「聖者の行進」で初めて聞いてからずっと好きな僕としては、カバーの癖が気になります。

さだの妹・のデビュー曲は、中島が書いている。

松任谷由実さんからは、ライバルと言われていて「みゆき」と呼ばれているようです。

には「フォーク音楽祭全国大会」に出場し、「あたし時々おもうの」で入賞している。

54
ヤマハ・フォークイン(、 - )• ヤマハ育ちでも、ヒットが出ると離れていくミュージシャンが多い中で、中島はヤマハをそのまま自分の拠点としている数少ないミュージシャンである。 」と聞かれ「中島みゆきさん」と答え、テレビ・ラジオなどでは「みゆき」と呼ぶ。 尚、中島みゆきのオールナイトニッポンでは、歌唱時の細かいビブラートを『ちりめんビブラート』と称しており、揶揄している。 (NHK-FM、)• また、ライバルというよりも戦友的存在の一人として、も挙げられる。 同年には、に提供した「」の作詞が評価され、の作詩賞を受賞した。 また、自身の歌唱も含めると、作詞・作曲を手掛けた作品が5つの年代にわたってオリコンシングルチャート1位を獲得したことになる。 「糸」 縦の糸はあなた、横の糸は私 逢うべき人に出逢えることを 人は仕合せと呼びます。 中島みゆき オフィシャルサイトによる紹介ページ• 帯広柏葉高校3年生の時に文化祭で初めて歌を披露。 、日本音楽著作権協会、2016年。
26