福岡 バスケ 高校。 《進路情報》あの選手はどこへ?? PART 6(九州)~全国大会に出場した高校生の進路一覧~

3
去年のウインターカップで躍進した 高知中央と札幌山の手も楽しみですね また、オールコートディフェンスを不意に仕掛け、プレッシャーをかけ相手を焦らせ、スティールから得点を量産します
1人目は、フォワードの横地選手 大阪桐蔭もいますし、 第3シードの札幌山の手にとっては 厳しいブロックになりましたね
身長/167㎝• その走るバスケットを体現しているのが河村勇輝選手です 身長/168㎝• 事実上の全国大会決勝戦と呼ばれるほど、毎年レベルが高いです
直後のオールコートディフェンスで星賀がスティール 2人目は、センター木林選手
静かなるエースキラー中央大・内尾聡理 4人目は大学バスケスティールハンター検定1級の彼、中央大学の内尾聡理選手(1年、福岡第一)です! 高校時代から変わらず、大学バスケでもディフェンスキャラとして活躍しています みなさんインカレの時はテレビ要チェックですぜ! にしても福岡第一のルーキーはみんな髪型変わりましたね……
出身中学/和木中学校 鍋田 憲伸• 順当にいけばこの2校がベスト8で 顔を合わせると思います これが福岡第一の強さです
福岡県高校バスケットボール歴代順位 インターハイは福岡県から2校出場 エースPGの河村勇輝選手の存在 福岡第一高校には素晴らしい選手がたくさんいて そんな選手たちが福岡第一の走るバスケットを体現しています
献身的な留学生であり、チームの為にリバウンドを頑張るとともに、インサイド選手としてのレベルも非常に高いです 原田大和• このDF力を武器にして全国大会でも多くのチャンスを作ってきました
1チームである福岡第一をピックアップします 福岡第一:PG 轟琉維 ネクスト河村と評されているPGの轟選手
31