再婚 要求 を 承認 し ます。 【韓国原作小説翻訳】再婚承認を要求します 小説版100話ネタバレと感想。ハインリの人生を賭けた告白・ソビエシュはエベリーを連れ戻し

夫であるソビエシュ皇帝が離婚を要請しました と言った後で ジュメンシア家、ケトラン家 その家系の人たちを 追い出し始めたら 人々は何と言うか、気にならないか? と質問をしました
と言いました レースのたくさん付いた扇の チクチクした部分で ソビエシュの唇を 叩いてやりたいと思いました
その際にナビエは、皇后宮の私物をすべて持っていくよう部下に伝えました 会長は、 ンソンを連れてくるように 秘書に命じました
ナビエは何が何だか わからなくなりました 側室になってからナビエとソビエシュとの離婚まで数ヶ月という期間はあったはず
』 『どうでしたか?』 幸いなことに、ハインリはこの話題に乗ってくれた ハインリは、 ルベティがナビエのことを とても好きだと聞くと 彼女の部屋は、ナビエの部屋から 最大限遠い所にすべきだと 言いました
とハインリに伝えました するとラスタは、上目遣いで可愛らしく謝罪をします
ナビエとの間に子宝が恵まれないのは、そのクッキーに原因があると思っているソビエシュ 「早く、食べてください」 この家族に食べさせるというハインリ一族の習慣は何度回数を重ねようとも慣れることはないと思っている
ラスタは悔しくて 仕方がありませんでした 突然ですが、どうか承認してください
満足気なハインリは再び私の膝へと頭を落とす それを念頭において カフメン大公が調べてくれた クリスタの侍女たちの家門 不満、クリスタへの忠誠心が 書かれていました
66 13