週刊 ポスト 記事。 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事「韓国人という病理」に作家たちが怒りの抗議! ヘイト企画は「小学館幹部取締役の方針」の内部情報|LITERA/リテラ

ちょっと嫌な感じ ただ、『週刊ポスト』に執筆することが今回の同誌の方針に賛同、あるいは協力することであるような言い方が出て来たのには、ちょっと嫌な感じがした。

【2011年4月5日】 このたび『週刊ポスト』4月15日号に掲載されました日本ユニセフ協会に関する記事につきまして、当協会の事業をご支援くださっている多くの方々ならびに一般の方々へ誤解や不信の念を抱かせてしまう結果となり、たいへん遺憾に存じております。

》 執筆陣からの批判、しかも執筆拒否を伴うものだっただけに注目されたのだろう。

No reproduction or republication without written permission. 一致までには至らなくとも、意見を交わし、互いに考えることができれば、その方が望ましいのではないか。

『週刊ポストこそ要らない』と叫ぶやつらが、あいちトリエンナーレの表現の不自由展を支持するという、いつも通りのダブスタ。

なかでも、『怒りを抑えられない「韓国人という病理」』記事に関しては、韓国で発表・報道された論文を基にしたものとはいえ、誤解を広めかねず、配慮に欠けておりました。

しかし、FODプレミアムの解約は以下のとおり ボタンクリックの操作だけで簡単に終わるため、手順が複雑なサイトのような問題がないので安心ですよ。

最近は Amazonファイヤースティックに対応したので テレビの大画面でも簡単に見れますし、テレビを使ってみんなで見るのもおすすめです。

こんな風に、深い考察もされず、格段の覚悟もないまま、差別やヘイトにつながる物言いが軽々と発信される今の状況を、私は深く憂う。

「世論」のうねりに怯えたか、週刊ポスト編集部は、この日夕方、NEWSポストセブンに「」と題したお詫び文を掲載。

しかし、あれは表現の自由でもなんでもない。 というわけで僕は今後小学館の仕事はしないことにしました。 刷り上がった雑誌の表紙に自分の名前を見た時には、場違いなところに迷い込んだような困惑を覚えなかったわけではないが、日頃は拙稿を読んでもらう機会のない人たちに、私の意見が届く機会とも思った。 FODプレミアムにAmazon Payで登録• 時代を先取りするビジネスマンの情報参謀 時代を切り取るスクープや、政治・経済・事件・芸能・スポーツ・健康・教育・金儲けほかの新鮮な情報を届けます。 というわけで僕は今後小学館の仕事はしないことにしました。
1