槇原 敬之 ハングリー スパイダー。 槙原のハングリー・スパイダーにいまハマっているのですが、歌詞の意味が分か...

好きだった蝶が自分の巣に引っかかってしまったのです。

シングルは、前作『』から約半年ぶりのリリースとなった。

こんな風に何通りにも読むことのできるHungry Spider。

そして、光る蜘蛛の巣に惹きつけられて絡め取られた蝶を助けようとして初めて蜘が蝶に近づくと恐れられる。

なんて孤独な歌なんだという印象です。

への提供曲のセルフカバー• 蝶はある日、朝露で光る蜘蛛の巣を見て「きれい」と微笑みます。

系『』8月度ウェザーテーマ• はもちろんHungry Spider. <今日も腹を減らして一匹の蜘が 八つの青い葉に糸をかけた その夜 月に光る巣になにか もがくような陰を見つけた> 1番が「糸をかける」と 厳密にはこの言い方は正しくありませんが 現在形で描くことで昨日も今日も明日も行なっている習慣的行為であるのを表すのに対して2番では「糸をかけた」と過去形にすることで、特別なことが起きたのだと暗示させている所は本当に見事だと思うのですが、槇原さんの歌でそこを指摘していたら 多すぎて 終わらないので、今回はスルーします。 いつものことですが、あくまで「僕の解釈」なので、その点はご了承下さい。 BLIND(5:41)• 系『』主題歌• そして、2番で物語は別の日に移ります。 「cicada」は、英語でを意味する。 The Future Attraction(4:57)• で、その蜘蛛が美しい蝶に恋をした その蝶が、ある朝、露に光る自分の張った蜘蛛の巣を「きれい」と言った だから今日もその蝶の為に、きれいな巣を張った その蝶は、自分の巣をきれいといったけれど、 この巣は獲物を捕まえる為の罠であり、 例えば君のような蝶などを捕まえる為に張っているんだよ。 蜘は自分の気持ちを捨てられないのを認識した上で、その蝶を想い続ける道を選択したのです。
94
いつものことですが、あくまで「僕の解釈」なので、その点はご了承下さい。 な感じで好みが分かれるところかと思いますが、僕はオススメの一曲です。 解説 [ ] 前作『』から約1年8ヶ月ぶりとなる。 それを見た蜘が蝶を好きになってしまう。 なんて孤独な歌なんだという印象です。 。
56