実施 の 可否。 例えば今回の停電や、雨天中止のイベントなどを実施するかしないか問い合わ...

また、「可否」には「是非」や「有無」など似た表現がたくさんあるため、きちんと使い分ける必要があります 可否と可不可の使い分け方 可否と可不可という言葉は、どちらも事の良し悪しを意味したり、「参加の可否」「参加の可不可」といった物事のイエス・ノーを問う時に使われる言葉です
過去20年分の出願内容を基にしたのデータベース• そのため肯定か否定か、可能か不可能かなど相手に意見を求める場合などに用いることが多くなります 「要否(ようひ)」・・・必要か、不必要であるか• 2%で「ご祝儀代の工面」
適切なのか、不適切なのか• 結婚式の披露宴へのお誘いがくると、「おめでとう!」という気持ちと「さて、どうしよう」という気持ちがわきますよね 例えば会議の場などで「このプロジェクトに対する可否を問いたい」と問われた場合は、「このプロジェクトは賛成ですか?反対ですか?」といった意味になります
例えば「出欠の可否をお知らせ願います」といったようなメールを受け取った場合は、「出席しますか?出席しませんか?」といった意味になります 受注するかしないの確認をする場合は「ご依頼した案件の可否をご連絡下さい」といった感じで「可否」を使った文言にすると、丁重な印象になります
「受注する」か「受注できない」かを確認する 取引先などに発注した仕事を、受注するか受注できないか確認するとき「発注した仕事は、受注しますか?受注できませんか?」という言い回しも、受け取り方によっては上から目線で不快に感じてしまうこともあります 一方、可不可を英語にすると「determine the possibility」「possible or not」となり、例えば上記の「可不可をお知らせください」を英語にすると「Please let us know whether it is possible or not」となります
可否と可不可の英語表記の違い 可否を英語にすると「propriety」「right and wrong」「advisability」「aye and no」となり、例えば上記の「可否を問う」を英語にすると「take the ayes and noes」となります 「可否」は「propriety」ともなります
公共施設等の再開について ・国、県などの動向を踏まえ、効果的な感染防止策を講じることを前提に、一部利用の制限を設け、順次、再開することを決定 2. ビジネスシーンでの「可否」は、議会で採決をとるとき・計画を進めるとき・スケジュール確認など様々な場面において使われます 「是非(ぜひ)」・・・正しいか、正しくないか
「 賛成・反対」 の3つの意味を持っています 採るか採らないかということ) 「採否の決定を下す」 善し悪し (意味:善いことと悪いこと) 「事の善し悪しもわきまえず」 好悪 (意味:好むこととにくむこと) 「彼女は好悪が激しい」 善悪 (意味:善と悪
二つ目の可不可を使った分かりやすい例としては、「名前の公表について可不可をお知らせください」「故障した場合、修理の可不可に関わらず弁償して頂きます」「博物館などでは撮影の可不可をご確認ください」などがあります 例えば「出欠の可否をお知らせ願います」といったようなメールを受け取った場合は、「出席しますか?出席しませんか?」といった意味になります
この時期に大きな行事の実施の可否をよく考えてください 受注するかしないの確認をする場合は「ご依頼した案件の可否をご連絡下さい」といった感じで「可否」を使った文言にすると、丁重な印象になります
「出席」か「欠席」を確認する 出席か欠席かを確認したい場合は「可否を連絡下さい」「可否を返信下さい」といった感じで使います。 過去20年分の出願内容を基にしたのデータベース• 他の言葉との違いを知っておけば、より「可否」の知識を深めることができます。 「 賛成・反対」 の3つの意味を持っています。 そのため、「許されない=いな」となる。 勤務体制及び執務室の感染予防対策について ・時差出勤など、現在の取り組みの継続を基本とすることを決定 第13回深谷市新型コロナウイルス対策本部会議. 「出席」か「欠席」を確認する 出席か欠席かを確認したい場合は「可否を連絡下さい」「可否を返信下さい」といった感じで使います。 「可否(かひ)」・・・許されるか、許されないか。 語源は「神が承諾しない」を表す漢字です。 2 「当否」は、「事の当否を論ずる」のように用いる場合は、「適否」同様に、適当か否かの意にもとれるが、ある判断、主張の内容が、的を得たものか的はずれかという意で用いることが多い。 「可否を問いたい」「可否を聞きたい」などと使いますが、単に賛成か反対かを問われている場合と、賛成意見、反対意見を聞きたいといった意味の場合もあります。
13 61